はじめまして!リバティーカウンセラー RYOKOです。
 
 
なぜ?製薬会社のMRとして、数々の表彰を受けたり社内のトップセールスマンとして海外研修にも派遣された私が、カウンセリングの世界に入ったのかと言うと

ある失恋が原因なんです。

 
実は30歳の頃、恋愛下手で仕事に逃げてばかりいた私に、結婚前提でお付き合いしたいと申し出てくれる男性が現れました。

その頃、仕事も絶好調だったため、めちゃくちゃ調子に乗っていた私ですが、そんな幸せな時間は長く続きませんでした。

「あばたもえくぼ」なロマンスの時期から、「あばたはあばた」に変化していることに気付かないうちに彼の態度は徐々につれなくなっていき…
お付き合いを始めて1年後にお別れすることになりました。

その時、彼に言われたのは、「どうしてそんなに自己肯定感が低いの!?」というセリフでした。

「『ジココーテイカン』?って…何??」

と一瞬思ったものの、あまりにショックで傷ついて、その疑問はすぐに私の頭から消え去っていました。

 
少し時間が経つと、「あの時のアレがアカンかったんや」とか、「あの時もっとこうしとけば、こんなことにならへんかったのに」など、後悔と自責の念ばかりが胸を去来し
挙げ句、高額な『復縁マニュアル』に手を出して、「30過ぎて、あんな素敵な人にもう出会えるハズがない!もう一度やり直したい!」と、彼との過去にしがみついていました。

その期間、どれくらいの長さだと思いますか?

なんと!!!約6年です!!!

「こんな私やからダメなんや」「彼に振り向いてもらうために、まだまだ頑張らないと!」と思い続け、磨きすぎで血が出るほどに自分磨きをし、仕事に打ち込んでいたら、30代半ばも目前になっていました。

「35歳になって、それでも復縁できなければ諦めよう」と心に決めても、毎日彼を想うことが長年のルーチンワークのようになってしまっていて、結局ズルズルと時は流れ…。

振られてすぐの頃は友達も慰めてくれますが、時間が経てば「いつまでも未練がましい」とか、「重い」とか、「『復縁マニュアル』って何?気持ち悪いわ!」って言われるのが怖くて、誰にも言えませんでした。

だから私、ずっと一人で頑張ってきたんです。

 
でも、もういい加減、「執着」という心の鎖を解き放ちたくて、思い切って心理カウンセラーの師匠である根本裕幸先生の心理学セミナーに参加し始めたんです。

そこで初めてわかりました。
「自己肯定感」とは何なのか。
自分を大切に扱うことや、自分らしく「自分軸」で生きていくことの大切さ。

そして、自己肯定感の低さと「他人軸」で生きてきたことが原因で、相手にしがみつきがちで、気が狂いそうになるくらい重く苦しい恋愛に、自分でしてしまっていたことに…。

そうすると、これまで自信がなく、人の反応ばかり気にして自分を蔑ろにしてきた私の人生は、少しずつ変わってきたのです!

 
気付けば元カレのことは思い出さなくなり、私の右側にいたのは会社の先輩でした。

死ぬほど仕事をしてしまうところも、後輩を叱っている姿も、やる気がなくてダラけている姿も…
ありのままの私を面白がって好きでいてくれる人だったのです。

そして元カレとの別れから7年かかりましたが、その後たった2年半でお付き合いから結婚、そして娘が生まれました。

 
もし、あの時に勇気を出して自分と向き合わなかったら
もし、あの時に思い切ってカウンセリングを受けなかったら

間違いなく、今の幸せな私はいません。

 
もしかしたら、あなたにも気づいていない「執着」という心の鎖があるのかもしれません。

ここから自由に解放されるリバティーカウンセリングやレッスンを通して、自分らしく自由に生きてみませんか?

長年の鎖に繋がれた生活から自由に解放(リバティー)され、幸せを手に入れた私が、全力でお手伝いいたします!

あなたの孤独を誰よりもわかるから・・・

 
 
リバティーカウンセラー RYOKO